【無料動画】詳細④☆

』みるく『はい……』みるくのクリトリスをいぢめていた中指は根元までいやらしいお汁がねっとりとついていた…それを口に含む…みるく『んっ……んんっ…』カイくん『どうだ?

』みるく『はい……』みるくのクリトリスをいぢめていた中指は根元までいやらしいお汁がねっとりとついていた…それを口に含む…みるく『んっ……んんっ…』カイくん『どうだ?自分のお汁の味は?

自分のお汁の味は?』みるく『んっ……とってもいやらしい味がするっ……』カイくん『自分のお汁を舐めるなんて、みるくはとんだ変態だな。

』みるく『んっ……とってもいやらしい味がするっ……』カイくん『自分のお汁を舐めるなんて、みるくはとんだ変態だな。よし。

よし。お仕置きだ…』みるくはそのお仕置きって言葉を聞いただけで更にいらやしい気持ちになった…おまんこはぱっくりと開かれお汁がまた溢れ出した…カイくん『近くに洗濯バサミあるか?

お仕置きだ…』みるくはそのお仕置きって言葉を聞いただけで更にいらやしい気持ちになった…おまんこはぱっくりと開かれお汁がまた溢れ出した…カイくん『近くに洗濯バサミあるか?』洗濯バサミ…?

みるく『うん…あるよっ……』カイくん『じゃぁその洗濯バサミでいやらしい乳首を挟め。もちろん、両方だぞ。

もちろん、両方だぞ。』洗濯バサミで乳首を…そんなんしたことないよ…!

』洗濯バサミで乳首を…そんなんしたことないよ…!!

カイくん『どうした?

カイくん『どうした?お仕置きだぞ…みるくがちゃんと俺の言う通りにすれば良かったんだ。

お仕置きだぞ…みるくがちゃんと俺の言う通りにすれば良かったんだ。ほら、つけろよ。

ほら、つけろよ。』みるく『はっ…はい…。

』みるく『はっ…はい…。』みるくは恐る恐る乳首に洗濯バサミをつけたの…クニッ……みるく『いっ…!

』みるくは恐る恐る乳首に洗濯バサミをつけたの…クニッ……みるく『いっ…!いったぁい…』予想以上の乳首の痛さに思わず足を閉じそうになった……カイくん『ほら、足を開け…どうだ洗濯バサミて挟まれてる乳首は?

いったぁい…』予想以上の乳首の痛さに思わず足を閉じそうになった……カイくん『ほら、足を開け…どうだ洗濯バサミて挟まれてる乳首は?洗濯バサミつけるの初めてか…?

洗濯バサミつけるの初めてか…?』みるく『いっ……はっ…はじめて…んっ……』カイくん『ははは。

』みるく『いっ……はっ…はじめて…んっ……』カイくん『ははは。そうか…。

「【無料動画】詳細④☆」の続きを見る