「夫 中学生」人気無料動画

エロ無料動画infoでは「夫 中学生」の無料動画が現在13件登録されています。

夫の命令で全裸で配達物を受け取らされる綺麗な若妻!

<p><img width="200" height="150" src="http://www.wife-room.net/wr/wp-content/uploads/2016/06/684614064168585208.jpg" class="attachment-post-thumbnail size-post-thumbnail wp-post-image" alt="684614064168585208.jpg"></p>合わせて見られているアダルト動画 大端 みどり 初体験は、中学生のときとい

( Updated / Created )

0view

夫と私の秘め事

私は、30歳になる専業主婦です。夫とは、5年前にネットで知り合い半年程で結婚しました。夫は10歳年上で40歳、小さいながらも会社を営んでいます。私は、元々エッチで中学生の頃から野外オナニーやSM道具を使って家でオナニーをしていました。夫もエッチ大好きで、...

( Updated / Created )

0view

童貞くんの精液が大好きな淫らな人妻

T.S(28歳)結婚1年、28歳の専業主婦です。夫との性生活は普通に有り満足しています。ところで・・・。私には以前から異常なほどの性癖が有るんです。困ってしまうけれど、性癖って治せないものだんですよね。いけない、いけないと思いつつ・・・繰り返してしまうのです。それは高校生や中学生の童貞君を、フェラチオして青臭い精液を味わうことなんです。独身のOL時代からあった性癖です。数駅離れた場所まで出向き、本

( Updated / Created )

0view

中学生に寝取られた_1

(ふふ、またすぐしわになるのにね) 思わず笑みがこぼれてしまうのは、今晩、夫の利之が出張から戻ってくるからだ。 そして、そんな夜は決まって抱き合うのが、ここ数年の約束事になっていた。家を空けがちな夫にしてみれば、「風俗に行かなかったぞ。浮気だってしていない」というつもりなのだろう。それが朱美は心からうれしい。 一人娘を寝かしつけてから夫と一杯やり、ほろ酔いになるそのひとときが待ち遠しいのだ。それは

( Updated / Created )

0view

中学生に寝取られた_2

熱さにうだった昼下がりの住宅街を、日傘で顔を覆った朱美が歩いていた。その周りには三人の少年が貼りついている。 夫から引き離されてはや十分、朱美の不安は心臓が破裂するほど肥大していた。見知らぬ街で、見知らぬ少年たちに連れ回される恐怖。すれ違う善良そうな住人たちは、だれ一人として救いの手を差し伸べてくれないのだ。「あ、そうだ」 先頭を歩く邦夫が振り返った。「あのさあ、奥さんを呼ぶとき、奥さんでいい? 

( Updated / Created )

0view

中学生に寝取られた_9

 白い靄の切れ目から、少年たちが立ち働いている姿が見えた。朱美がまき散らした大量の糞尿を、シャワーや手桶で洗い流していたのだ。(あっ、わたし……) 我に返って首を探ると、赤い輪ゴムは辛うじて残っていた。ほっと胸をなで下ろしたのも束の間、自分がまきちらした臭気のひどさに気づき、再び放心状態になる。 と、邦夫に肩を叩かれた。「けつ、洗ってやるよ」「え、あ……」「ほら、けつ出せよ」 邦夫がにやにや笑いながら

( Updated / Created )

0view

中学生に寝取られた_6

「いやあ、まいったまいった……」 起き上がった邦夫は、朱美を押しのけるようにして男根を抜き取った。首をこきこき鳴らしながらベッドを降り、いすにふんぞり返る。「よーし、おまえら。この女、好きにしていいぞ」 その一言に、雄太と康二は脱兎の勢いで朱美に飛びついた。「こ、康二くん。ぼ、ぼくからでいいよね?」「ああ、まあ、順番からすればな……」 うつ伏せになっていた朱美は二人の気配を察し、上気した顔を上げた。額

( Updated / Created )

0view

中学生に寝取られた_5

「邦夫くん? それとも康二くん? はやい者勝ちよ」 邦夫と康二は顔を見合わせた。邦夫が顎をしゃくって、先に行けと促す。康二は頷いたものの、明らかに腰が引けている。 いや、少年たちは最初から怯えていたのだ。人妻を監禁することを含め、なによりも生身の女体に触れること、初体験することに──。そしていま、雄太の撃沈を目の当たりにして、その恐怖は現実のものになった。「どうしたの? やらないの?」 朱美は腰に両

( Updated / Created )

0view

中学生に寝取られた_終

ベッドを見やった朱美は小さく叫んで、肩をすくませた。雄太たちがベッドに座り、にやにや笑ってこちらを見ていたのだ。遅れて振り向いた邦夫もぎくりとする。「い、いつから見てたんだよ!」「舌を入れるぞってところから、えへへ」「あ、この、笑ったな!」 邦夫は弾かれたように朱美から離れ、動揺を鎮めるためか、部屋中を歩き回り始めた。五周目でやっと立ち止まり、照明を元の明るさに戻す。「よ、よし。なら話ははやいな。

( Updated / Created )

0view

中学生に寝取られた_10

 ドアの開閉する音に、朱美は浅い眠りを覚まされた。邦夫が洗面器とタオル、ミネラルウォーターを手に立っている。「……あ、ごめんなさい。いつの間にか寝ちゃったわ」 朱美たちは睦み合ったまま寝てしまったのだ。すでに日付は変わり、カーテン越しにも日の出が近いことがわかる。 洗面器を置いた邦夫は、Tシャツとトランクスを脱ぎながらぼそりと言った。「雄太が九回で、康二が十一回だ」「え?」「あいつらがいった回数だよ

( Updated / Created )

0view

中学生に寝取られた_7

「……朱美、汚れてるぞ」 それまで見物に回っていた邦夫がぽつりと言った。「え? あっ……」 たっぷり注ぎ込まれた精液が、淫裂からしとどに垂れている。朱美は精液と汗にぬめる太腿を閉じ、慌ててティッシュを探した。「口でやればいいだろ」「え?」「自分のまん汁なら、舐めるのも平気だよな」 つまりは康二の男根を舐めろと言っているのだ。(じょ、冗談でしょう! ビデオの見過ぎじゃないの!) そう口に出せないのが辛い

( Updated / Created )

0view

中学生に寝取られた_3

「よ、よーし。最後はおれだな」 邦夫はしならせた男根で太腿を叩きながら浴槽を出た。朱美と向き合い、睨みを利かせる。だが、たじろいだのは邦夫の方だ。 朱美の潤んだ瞳は妖しく輝き、一心にこちらを見詰めている。それは他でもない。挑発する女の顔だった。「ど、どうした? のぼせたのか?」「ええ、なんだか雲の上にいるみたい……。ふふ、さっきからふらふらしているのよ」 朱美の目尻が下がっている。ここにきて初めての

( Updated / Created )

0view

ページの先頭へ