【無料動画】3-2.甘い快感忘れられぬ夜

しばらくすると、タクシーの中で沙紀さんが耳元で囁いてきた・・「ふふ・・もう少しだけ飲まない?・・」

・・」」「えぇ・・まだ飲み足りないのよね・・でも、変なことはなしよ♪笑」次の日予定があるわけでもなかった僕には断る理由はなかった。

」「えぇ・・まだ飲み足りないのよね・・でも、変なことはなしよ♪笑」次の日予定があるわけでもなかった僕には断る理由はなかった。「いいですよ~どこにします?

「いいですよ~どこにします?」

しばらくすると、タクシーの中で沙紀さんが耳元で囁いてきた・・「ふふ・・もう少しだけ飲まない?・・」

「【無料動画】3-2.甘い快感忘れられぬ夜」の続きを見る