【無料動画】いけない遊び (若かりし暴走) ≪第9話≫

男の子たちが私の腕を取ると、両サイドに開かれていく。広げられたところには、成熟しきっていない乳房が広がった。

広げられたところには、成熟しきっていない乳房が広がった。男の子たちの目は私の胸に集中する。

男の子たちの目は私の胸に集中する。4つの目玉が私の胸、バスト、乳房、おっぱいに釘付けになり視姦される。

4つの目玉が私の胸、バスト、乳房、おっぱいに釘付けになり視姦される。見つめられた乳房は興奮のあまり、乳首が硬くなり大きく蕾を膨らましている。

見つめられた乳房は興奮のあまり、乳首が硬くなり大きく蕾を膨らましている。その大きくなった乳首もまた、男の子の目によって視姦される。

その大きくなった乳首もまた、男の子の目によって視姦される。『ああ〜ん』心の中であえぎ、崩れ落ちそうになる体を立たせ、視姦されるちぶさを披露していた。

『ああ〜ん』心の中であえぎ、崩れ落ちそうになる体を立たせ、視姦されるちぶさを披露していた。心の中であえぎ、子宮もうずく。

心の中であえぎ、子宮もうずく。男の子たちが更に近づくとバストに触れる。

男の子たちが更に近づくとバストに触れる。いつかは触られるんじゃないかと思っていたことが、現実になった。

いつかは触られるんじゃないかと思っていたことが、現実になった。最初はサラサラと触れられ、こそばい気持ちになり、それが掴まれ、揉まれていく。

最初はサラサラと触れられ、こそばい気持ちになり、それが掴まれ、揉まれていく。自分で乳房を揉むのとは違って、男の子に揉まれると別な快感が芽生えた。

自分で乳房を揉むのとは違って、男の子に揉まれると別な快感が芽生えた。自分でするのとはぜんぜん違った。

自分でするのとはぜんぜん違った。性感が男の手によって生み出され、その快感はまさに禁断の味と思える甘味な感触、その快感欲しさに男に乳房を与える。

性感が男の手によって生み出され、その快感はまさに禁断の味と思える甘味な感触、その快感欲しさに男に乳房を与える。女の特権。

女の特権。なにかで読んだことがある。

なにかで読んだことがある。男にはない女の乳房を与えることによって、女は大いなる満足を恵、性感を得る。

男にはない女の乳房を与えることによって、女は大いなる満足を恵、性感を得る。その快感たるや、男には絶対わからない。

その快感たるや、男には絶対わからない。確かに気持ちよかった。

確かに気持ちよかった。自分でする『おっぱい揉み』は乳房から性感が発するのではなく、そんないけないことをしている自分のことを自虐し脳を焼くから快感なのだ。

自分でする『おっぱい揉み』は乳房から性感が発するのではなく、そんないけないことをしている自分のことを自虐し脳を焼くから快感なのだ。でも男の手による胸へのモミは、乳房そのものから性感が発せられた。

でも男の手による胸へのモミは、乳房そのものから性感が発せられた。大きく違う、まさに禁断の味。

「【無料動画】いけない遊び (若かりし暴走) ≪第9話≫」の続きを見る