【無料動画】アニメ ガンダム Gのレコンギスタ 第20話「フレームのある宇宙」感想

何だかんだいってジット団も戦争がしたいんだね。人の事言えないじゃん。

人の事言えないじゃん。ビーナス・グロゥブはオーシャンリングの間近で戦闘が始まってしまいましたよ。

ビーナス・グロゥブはオーシャンリングの間近で戦闘が始まってしまいましたよ。ジット団はクレセントシップの出力をアップさせたセルフに興味津々で解析を急ぎますが、正式の軍隊ではないからか、地球人だと馬鹿にしきっているのか、メガファウナのクルー達は結構自由に動けるみたい。

ジット団はクレセントシップの出力をアップさせたセルフに興味津々で解析を急ぎますが、正式の軍隊ではないからか、地球人だと馬鹿にしきっているのか、メガファウナのクルー達は結構自由に動けるみたい。いや、それよりもフラミニアさんがジット団の関係者だったというのも唐突な展開だよな・・・一方ビーナス・グロゥブからはロザリオ・テンのポリス部隊のがやってくるという展開に。

いや、それよりもフラミニアさんがジット団の関係者だったというのも唐突な展開だよな・・・一方ビーナス・グロゥブからはロザリオ・テンのポリス部隊のがやってくるという展開に。また忙しくなってきたぞ。

また忙しくなってきたぞ。ジットラボと言うくらいだから研究所であって軍事施設じゃないだろう、とメガファウナクルーはジットラボを目指す事に。

ジットラボと言うくらいだから研究所であって軍事施設じゃないだろう、とメガファウナクルーはジットラボを目指す事に。トワサンガの人以上に外から敵がくるなんて考えていないというラライヤの言葉が説得力あるなぁ。

トワサンガの人以上に外から敵がくるなんて考えていないというラライヤの言葉が説得力あるなぁ。アイーダはロザリオ・テン(?

アイーダはロザリオ・テン(?)に向かいラグー総裁に会おうとします。

)に向かいラグー総裁に会おうとします。ちなみにクレッセントシップの艦長と副長は頭に爆弾の付いたヘッドギアを装着され、ジットラボへの航行を強制させられてます。

ちなみにクレッセントシップの艦長と副長は頭に爆弾の付いたヘッドギアを装着され、ジットラボへの航行を強制させられてます。「テンポリスが武器を使っただと?

「テンポリスが武器を使っただと?そこまで嫌うか?

そこまで嫌うか?」いやいやそんな強そうな系のを駆っているお前が言うなっていう感じなんでけど。

」いやいやそんな強そうな系のを駆っているお前が言うなっていう感じなんでけど。ジット団の部隊はロザリオ・テンのポリス部隊のと交戦に入る中、メガファウナこっそり発進。

ジット団の部隊はロザリオ・テンのポリス部隊のと交戦に入る中、メガファウナこっそり発進。アルケインで出撃したベルリはテンポリスの迎撃に向かってジット団もいなくなった隙に、セルフを動かそうとしているフラミニアさんたちを排除しセルフを奪回。

アルケインで出撃したベルリはテンポリスの迎撃に向かってジット団もいなくなった隙に、セルフを動かそうとしているフラミニアさんたちを排除しセルフを奪回。「ケルベスさんもリンゴさんももっと離れてください。

「ケルベスさんもリンゴさんももっと離れてください。これだとみんなが一緒にやられてしまうじゃないですか」ラライヤはネオドゥに乗り込んでるんですけど、ケルベスのレックスノーとロックパイのモランがネオドゥに密着しすぎ。

これだとみんなが一緒にやられてしまうじゃないですか」ラライヤはネオドゥに乗り込んでるんですけど、ケルベスのレックスノーとロックパイのモランがネオドゥに密着しすぎ。「それでいいじゃないですか」「ラライヤの盾になるんですよ」といつの間にかラライヤをめぐってケルベスとロックパイが火花を散らすようになるとは。

「それでいいじゃないですか」「ラライヤの盾になるんですよ」といつの間にかラライヤをめぐってケルベスとロックパイが火花を散らすようになるとは。ラライヤのハートを射止めるのはどちらなんでしょ?

ラライヤのハートを射止めるのはどちらなんでしょ?どちらでもない気もするが。

どちらでもない気もするが。なんかここは笑えるなぁ。

「【無料動画】アニメ ガンダム Gのレコンギスタ 第20話「フレームのある宇宙」感想」の続きを見る