【無料動画】いけない遊び (若かりし暴走) ≪第10話≫

男の子の手が、その棒状の形にそって動く。私の手の中でそれに触れたまま上下に擦られる。

私の手の中でそれに触れたまま上下に擦られる。なにをしているのか、わからなかった。

なにをしているのか、わからなかった。しばらく動かされた時、「あっ、うっ、がまん、できへん!

しばらく動かされた時、「あっ、うっ、がまん、できへん!」

そうつぶやくと手は激しく振られ、更に太く熱くなったかと思うと、その先端からドロっとした液体が放出された。「はっ、はっ、はぁ・・・、むっちゃ、気持ちええ。

「はっ、はっ、はぁ・・・、むっちゃ、気持ちええ。お前もやってもらったら」もう一人の子も私の反対の手をとり、自分のシンボルに導いた。

お前もやってもらったら」もう一人の子も私の反対の手をとり、自分のシンボルに導いた。なんとなくわかる。

なんとなくわかる。男の子のされるまま、シコってあげた。

男の子のされるまま、シコってあげた。その子もすぐに発射するとあたしのお腹にかかった。

その子もすぐに発射するとあたしのお腹にかかった。「あっ、ごめん。

「あっ、ごめん。大丈夫」「うっ、うん・・・。

大丈夫」「うっ、うん・・・。わかんないけど・・・。

わかんないけど・・・。皮膚が溶けたりしない?

皮膚が溶けたりしない?」「それは大丈夫。

」「それは大丈夫。全然関係ない」「妊娠は?

全然関係ない」「妊娠は?」「たぶん、外だったら・・・ないと思う」そんな会話をしたと思う。

」「たぶん、外だったら・・・ないと思う」そんな会話をしたと思う。それからもう一回ずつ、射精のお手伝いをした。

それからもう一回ずつ、射精のお手伝いをした。もちろん私からじゃなくって、私の手をシンボルに添えて、その上から男の子の手で動かした。

もちろん私からじゃなくって、私の手をシンボルに添えて、その上から男の子の手で動かした。なんとなく射精する瞬間の男の子の顔がかわいい。

なんとなく射精する瞬間の男の子の顔がかわいい。終わった時、汚れた私の体をどうしようとなった。

「【無料動画】いけない遊び (若かりし暴走) ≪第10話≫」の続きを見る