【無料動画】2015年夏アニメ プチ感想3 

そろそろ2015年の夏アニメも折り返し地点。毎回どれを視聴してどれを落とすかに腐心して、シーズンが終ると、あれ視とけば良かったとか、あれはちょっと残念だったと後悔したりするわけですが、それが顕在化する時期でもあります。

毎回どれを視聴してどれを落とすかに腐心して、シーズンが終ると、あれ視とけば良かったとか、あれはちょっと残念だったと後悔したりするわけですが、それが顕在化する時期でもあります。現時点での個人的な好感度順に今期見ているアニメのプチ感想をまとめて見ました。

現時点での個人的な好感度順に今期見ているアニメのプチ感想をまとめて見ました。(だいたい話から話くらいまで見てます)1位「がこうぐらし!

(だいたい話から話くらいまで見てます)1位「がこうぐらし!」

これは2回ほど記事書きましたのでここでは多くは書きませんが、とにかく毎回次週が気になって仕方がないです。2位「オーバーロード」初めてキービジュアル見た時は骸骨が主人公で、ギャグかと思ってたんですけどね。

2位「オーバーロード」初めてキービジュアル見た時は骸骨が主人公で、ギャグかと思ってたんですけどね。俺強え系ですね。

俺強え系ですね。ヴァーチャル「ユグドラシル」にログインしたまま、その設定を持って異世界に転生するというのは面白い。

ヴァーチャル「ユグドラシル」にログインしたまま、その設定を持って異世界に転生するというのは面白い。しかも主人公が極めたのはアンデッドの大魔法使い。

しかも主人公が極めたのはアンデッドの大魔法使い。そして達が自己の意思を持って主人公に付き従うのですが、これがアルベドを筆頭に一癖も二癖もある悪魔キャラ達。

そして達が自己の意思を持って主人公に付き従うのですが、これがアルベドを筆頭に一癖も二癖もある悪魔キャラ達。そんな彼らに至高の御方と頭を下げられて自らのギルド「アインズ・ウール・ゴウン」(意味不明)の旗の下に異世界に足を踏み出していく、なんてワクワクするじゃないですか。

そんな彼らに至高の御方と頭を下げられて自らのギルド「アインズ・ウール・ゴウン」(意味不明)の旗の下に異世界に足を踏み出していく、なんてワクワクするじゃないですか。転生した異世界ではもちろん圧倒的に強い主人公なんですが、自分が転生しているということは同じように他の「ユグドラシル」のプレイヤー達が転生している可能性もある等の懸念で、圧倒的な力を持ちながらも情報の乏しい異世界で慎重にならざるを得ないというバランス感覚が物語を面白くしていますね。

転生した異世界ではもちろん圧倒的に強い主人公なんですが、自分が転生しているということは同じように他の「ユグドラシル」のプレイヤー達が転生している可能性もある等の懸念で、圧倒的な力を持ちながらも情報の乏しい異世界で慎重にならざるを得ないというバランス感覚が物語を面白くしていますね。3位「」これは最初ッから視ようと思っていた作品。

3位「」これは最初ッから視ようと思っていた作品。実際視てもそれなりに面白い。

実際視てもそれなりに面白い。が絵も楽曲もともに大好きです。

が絵も楽曲もともに大好きです。星空とか黄昏時とか、なんだろうね、儚い真夏の夢のようなふわふわした感じは。

星空とか黄昏時とか、なんだろうね、儚い真夏の夢のようなふわふわした感じは。主人公たちの不完全な能力の活用の仕方が面白い。

主人公たちの不完全な能力の活用の仕方が面白い。話の友利奈緒の力の使い方なんか好きですね。

話の友利奈緒の力の使い方なんか好きですね。実はずっと有宇のことを見守っていたなんて、友利がまた好きになりました。

実はずっと有宇のことを見守っていたなんて、友利がまた好きになりました。この力、思春期の一過性のものらしいのですが、危うく、儚い感じがよいです。

この力、思春期の一過性のものらしいのですが、危うく、儚い感じがよいです。あと毎回情報をもってくる水浸しの学生(熊耳だ)が怪しすぎる。

「【無料動画】2015年夏アニメ プチ感想3 」の続きを見る