【無料動画】■「結婚はしたくないけど子供が欲しい」と言ったキャリアウーマンの話、その3■

このお話は、まだ続きます。

具体的な例で言うと、0歳から小学校卒業くらいまでの子育てをしているシングルマザーと年金をもらっているような高齢者だけが入居できる30戸程度の賃貸マンションを作ります。

具体的な例で言うと、0歳から小学校卒業くらいまでの子育てをしているシングルマザーと年金をもらっているような高齢者だけが入居できる30戸程度の賃貸マンションを作ります。

このマンションに住む人たちが、緩い絆のコミュニティの中で集団で子供を育てていくのです。今の日本は家族が基本単位になっていますが、このコミュニティは家族ではありません。

今の日本は家族が基本単位になっていますが、このコミュニティは家族ではありません。もうすでに結婚という制度は、制度疲労を起こしており機能不全に陥っています。

もうすでに結婚という制度は、制度疲労を起こしており機能不全に陥っています。男と女が一人ずつ一緒になって結婚して子供を産み、それだけの単位で生活を成り立たせていくというのは、今はもう無理なのです。

男と女が一人ずつ一緒になって結婚して子供を産み、それだけの単位で生活を成り立たせていくというのは、今はもう無理なのです。性的マイノリティのレズやゲイの家族が認められるようになりましたが、さらに進んで一夫多妻制やその逆もこれからの時代はあっていいと思いますし、このマンションのようなコミュニティもあるべきだと思います。

性的マイノリティのレズやゲイの家族が認められるようになりましたが、さらに進んで一夫多妻制やその逆もこれからの時代はあっていいと思いますし、このマンションのようなコミュニティもあるべきだと思います。夫婦と子供という家族を基本単位としているだけでなく、それ以外のいろんな形の単位を作って、それらを認めて国が補助金を出して運営をサポートするのです。

夫婦と子供という家族を基本単位としているだけでなく、それ以外のいろんな形の単位を作って、それらを認めて国が補助金を出して運営をサポートするのです。このようなマンションは「子育てマンション」と呼ばれ、地域ごとにいくつも作られるようになれば、女性の活躍も広がるのではと思います。

このようなマンションは「子育てマンション」と呼ばれ、地域ごとにいくつも作られるようになれば、女性の活躍も広がるのではと思います。昔の村単位での生活では、村ごとにこのようなコミュニティが生きていました。

昔の村単位での生活では、村ごとにこのようなコミュニティが生きていました。子育てマンションに限らず、他にもいろんな目的ごとのマンションがあっていいと思います。

子育てマンションに限らず、他にもいろんな目的ごとのマンションがあっていいと思います。今のマンションは、目的が共有されていない戸々がただ生活するためだけのマンションです。

今のマンションは、目的が共有されていない戸々がただ生活するためだけのマンションです。目的と住む人がある程度まとまっていて共通のコミュニティを作れるようなマンションは、かつての学生アパートと原理的には同じです。

目的と住む人がある程度まとまっていて共通のコミュニティを作れるようなマンションは、かつての学生アパートと原理的には同じです。僕が学生の頃のアパートでは、それぞれが6畳一間で生活していて、台所やバス・トイレ、洗濯機や洗濯干し場などは共有でした。

僕が学生の頃のアパートでは、それぞれが6畳一間で生活していて、台所やバス・トイレ、洗濯機や洗濯干し場などは共有でした。緩いプライバシーがありながらも、先輩から後輩へといろんな情報が共有され、助け合いもされていました(特に試験の時はとても重要でした)。

緩いプライバシーがありながらも、先輩から後輩へといろんな情報が共有され、助け合いもされていました(特に試験の時はとても重要でした)。誰も車は持っていませんでしたのでカーシェアリングはありませんでしたが、自転車や傘やいろんな物がシェアリングされていました(しょっちゅう紛失もしてましたけど)。

誰も車は持っていませんでしたのでカーシェアリングはありませんでしたが、自転車や傘やいろんな物がシェアリングされていました(しょっちゅう紛失もしてましたけど)。この「子育てマンション」という案は、すでにどこかで実際に運営されているかもしれません。

この「子育てマンション」という案は、すでにどこかで実際に運営されているかもしれません。僕の考え方の根本になっているのは、これまでのように家族という基本単位だけで社会の仕組みを作っていくのはもう無理だということです。

僕の考え方の根本になっているのは、これまでのように家族という基本単位だけで社会の仕組みを作っていくのはもう無理だということです。目的や構成員の特性が絞り込まれたいろんなコミュニティができていて、それが制度的にも認められるような社会になればいいと思います。

「【無料動画】■「結婚はしたくないけど子供が欲しい」と言ったキャリアウーマンの話、その3■」の続きを見る