【無料動画】友人宅の2,300万円窃盗で25歳女性被告に無罪判決の女割引、ところで消えた2,300万円はどこ行った?

女性は平成25年9月に友人方に合鍵で侵入し、現金2300万円を盗んだとして起訴されていた。

女性は平成25年9月に友人方に合鍵で侵入し、現金2300万円を盗んだとして起訴されていた。弁護側は「友人に頼まれて、現金を運び出して渡した」と無罪を主張。

弁護側は「友人に頼まれて、現金を運び出して渡した」と無罪を主張。捜査段階でいったん容疑を認めたのは、盗まれたと訴える友人を怒らせるのが怖かったためで、女性は公判で「友人の意に沿う供述をすれば、被害届を取り下げてくれると思っていた」と説明していた。

捜査段階でいったん容疑を認めたのは、盗まれたと訴える友人を怒らせるのが怖かったためで、女性は公判で「友人の意に沿う供述をすれば、被害届を取り下げてくれると思っていた」と説明していた。判決理由で本村裁判官は、友人の被害申告には「不自然不合理な点がある」と指摘。

判決理由で本村裁判官は、友人の被害申告には「不自然不合理な点がある」と指摘。女性の自白についても「動機も被害金の使途も具体的に語られておらず、あまりに不自然だ」と述べた。

女性の自白についても「動機も被害金の使途も具体的に語られておらず、あまりに不自然だ」と述べた。※下記リンクより、一部抜粋。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで

続きはソースで女性は平成25年9月に友人方に合鍵で侵入し、現金2300万円を盗んだとして起訴されていた。

「【無料動画】友人宅の2,300万円窃盗で25歳女性被告に無罪判決の女割引、ところで消えた2,300万円はどこ行った?」の続きを見る