【無料動画】真姫「メイドカフェ黙示録」

:名無しで叶える物語笑@\/月地の文注意(模倣):名無しで叶える物語庭@\/月※アニメ・漫画等設定入り乱れてます:名無しで叶える物語庭@\/月きっかけは、にこちゃんのこんな言葉だったの。「日頃の感謝を込めて、真姫ちゃんにプレゼント!

「日頃の感謝を込めて、真姫ちゃんにプレゼント!」

そうして渡されたものは、にこちゃんが働いていたメイドカフェの、ドリンク無料券。「昔のバイト先で欠員が出ちゃって。

「昔のバイト先で欠員が出ちゃって。もう年だし、μの活動もあるから引退したつもりだったんだけど、向こうがどうしてもっていうから。

もう年だし、μの活動もあるから引退したつもりだったんだけど、向こうがどうしてもっていうから。――だからボーナスを要求してやったの。

――だからボーナスを要求してやったの。それがこの券よ」その日、部室にはたまたま私達人だけで。

それがこの券よ」その日、部室にはたまたま私達人だけで。他の子には内緒よ、と唇に人差し指をあてたにこちゃんの姿が、なんだか変に大人びて見えて。

他の子には内緒よ、と唇に人差し指をあてたにこちゃんの姿が、なんだか変に大人びて見えて。私も自分でおこづかいを稼いだら、こんな風になれるのかな、って思ったの。

私も自分でおこづかいを稼いだら、こんな風になれるのかな、って思ったの。うちってパパが厳しくて、アルバイトなんて絶対に許してもらえないから――っていうのは、ちょっと言い訳じみてるわね。

うちってパパが厳しくて、アルバイトなんて絶対に許してもらえないから――っていうのは、ちょっと言い訳じみてるわね。それに、前にことりが勤めていたメイドカフェがとってもいい雰囲気のお店だったから。

それに、前にことりが勤めていたメイドカフェがとってもいい雰囲気のお店だったから。だからにこちゃんのお店にも、正直に言ってちょっと期待していたの。

だからにこちゃんのお店にも、正直に言ってちょっと期待していたの。

「【無料動画】真姫「メイドカフェ黙示録」」の続きを見る