【無料動画】ご主人様のおちんぽ奴隷メス便器サチコ

今日は日曜日なのに生憎の雨で自宅で悶々と過ごしております。最近のサチコは肉のたるみも目に見えるようになり、老いというものを素直に受け止めなければいけない・・・という暗い気持ちになったりします。

最近のサチコは肉のたるみも目に見えるようになり、老いというものを素直に受け止めなければいけない・・・という暗い気持ちになったりします。

今日は友達がいるんだよとご主人様が私に仰られ、軽い挨拶を交わしたのですがマサキさんの顔に浮かんだ笑みはサチコの全てを知っているようないやらしくニヤニヤした顔つきでなんだかそういった予感はしたのですが、何も言えずにサチコも乗車し車は走り始めました。車の運転の最中、ご主人様は頻繁に私の太ももを撫でましてきます。

車の運転の最中、ご主人様は頻繁に私の太ももを撫でましてきます。

さち・・・とお願いをしそうになりながらもマサキさんの視線を感じているサチコは素直になれません。それを見透かすように、頭の中ではわかってるんだろ?

それを見透かすように、頭の中ではわかってるんだろ?メスのサチコはどうしてほしいんだ?

メスのサチコはどうしてほしいんだ?とご主人様は言います。

とご主人様は言います。

「【無料動画】ご主人様のおちんぽ奴隷メス便器サチコ」の続きを見る