【無料動画】東北の旅2016② 昭和のレトロ感が残った店だった

前回お話しした通り、花巻市までとんぼ帰りすることになったわけですが、その理由は今回向かいたかった場所でもあるマルカン百貨店へ行くためだったからです。写真は、その起点になった花巻駅。

写真は、その起点になった花巻駅。雨はますます酷くなり、遂に駅にある(東日本が運営するコンビニ)で折り畳み傘を買うハメに・・・。

雨はますます酷くなり、遂に駅にある(東日本が運営するコンビニ)で折り畳み傘を買うハメに・・・。個人的に折り畳み傘は、名前のクセに(きれいに)折り畳めないので大嫌いです(泣)。

個人的に折り畳み傘は、名前のクセに(きれいに)折り畳めないので大嫌いです(泣)。このマルカン百貨店は、駅から歩いて分くらいのところにあるようなのですが、しばらく歩いていても着く様子がない。

このマルカン百貨店は、駅から歩いて分くらいのところにあるようなのですが、しばらく歩いていても着く様子がない。それどころか、だんだん郊外に向かって歩いているのではないかと思えたほど。

それどころか、だんだん郊外に向かって歩いているのではないかと思えたほど。それもそのはず、本来曲がるべきところで曲がらず、明後日の方向に向かっていたのだ。

それもそのはず、本来曲がるべきところで曲がらず、明後日の方向に向かっていたのだ。ええ、迷ったのでした(ギャハ)。

ええ、迷ったのでした(ギャハ)。

歩いている途中で見掛けた店にも「ナポリカツファイナル」と書かれた黒板看板があったほど。それゆえに、これ食べたさにやって来ていた人が多かったのではと。

それゆえに、これ食べたさにやって来ていた人が多かったのではと。だから潮が引いたように列の流れが早くなっていったんだと。

だから潮が引いたように列の流れが早くなっていったんだと。私も、これ目当てだったので、残念至極。

私も、これ目当てだったので、残念至極。しかし、ここで動揺していけない。

しかし、ここで動揺していけない。ここのもう一つの特徴は、メニューの豊富さ。

ここのもう一つの特徴は、メニューの豊富さ。田舎の大衆食堂とも昭和の古き良きデパートのレストランの雰囲気を残しているからなのか、メニューが異常なほど多いのだ。

田舎の大衆食堂とも昭和の古き良きデパートのレストランの雰囲気を残しているからなのか、メニューが異常なほど多いのだ。しかも、これで種類を抑えているのだから驚き。

しかも、これで種類を抑えているのだから驚き。え、これだけならそうでもない?

え、これだけならそうでもない?どっこい、このガラスショーケースが反対側にもう一竿あって、同じくらい種類があるんですよ(反対側はデザートやドリンク類が中心とはいえ、その数の多さに驚きは隠せないはず)。

どっこい、このガラスショーケースが反対側にもう一竿あって、同じくらい種類があるんですよ(反対側はデザートやドリンク類が中心とはいえ、その数の多さに驚きは隠せないはず)。そこで今回チョイスしたのが、マルカンラーメンという品。

そこで今回チョイスしたのが、マルカンラーメンという品。名前に百貨店の名が入っているのですから、よほど自信のあったものなのでしょう。

名前に百貨店の名が入っているのですから、よほど自信のあったものなのでしょう。

「【無料動画】東北の旅2016② 昭和のレトロ感が残った店だった」の続きを見る